リネンやコットンで作る、バッグや布小物・ワンコ服など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日暮里繊維街へ突撃

行こう行こうと思いつつ、なかなか腰が上がらずにいた仕入れの旅。

ネットで買い物のリスクを避けるべく、思い切ってみた。
電車で1時間かからないんですけどね・・・電車嫌いなんでね・・・

とにかく暑くなく動きやすい服装で!
荷物は少なく両手がフリーになるように!

出かけるまでに相当頭を使いましたが、やっぱり荷物が多いのね。
いつもそう。ちょっと出かけるだけでも不安になって何でもカバンにつっこんでしまうので。
行きの電車の中で既に肩こり。ああー、帰りが恐怖。


日暮里駅に10時半に到着。
ちょっと出遅れたかと思ったけど、天気がグズグズだったせいか予想外に人は少ないっぽい。


早速パキラさんに立ち寄ってリバティを軽く愛でつつ

IMG_8508.jpg
お約束のMAPをゲット。
・・・実は全く見なかったんですが。死ぬほど予習をして行ったので。
これは復習に使いました。



戦利品はこれだけ。
少なめでしょう?体力があり余っていればもっと大量になりそうでしたがそこは我慢。
いや、節度をもって買ったはずですけど、帰りはふらつくくらい重かったです。

IMG_8498.jpg



先人達の教えを守り、午前中のうちにトマト本店へ。
1階の100円コーナーは謎の布多し。化繊率が高かったかなー。
隣で物色中のおばちゃんが
「あらーこれいいじゃない?ガーゼで!!ねえ!」
と大声で叫ぶので話しかけられたかと思って振り向いたら、思いっきり独り言だったようです。
激安なのは物によりけりですかね。種類はとにかく多いので楽しいですが。

4階にてこちらを5m購入。

IMG_8501.jpg

今回の仕入れのメイン。友人(女子)から作務衣を頼まれまして、さすがに実際に見て決めたかったので。
イメージしてた藍染の生地は、そりゃもうお高くてびっくりしました。
「わー素敵わー高い」の連発で打ち砕かれましたよ。
予算内ではズボンが片足しか出来ない・・・

でもこれならいいんじゃないかと。柄もプリントじゃなくていい感じだし。

トマトを「出た」ところでゲリラ雷雨にやられました。
しばらくコンビニの軒先を借りて雨宿り。
雨の隙間を縫って、ずるずると隣の店、その隣の店、と進みます。


途中で目に入ったものをちょろちょろと買いながら、折り返し目標地点安田商店3丁目店さんに到着。

小物に使うリネン、自分の定番を決めたいなと思って。
洗いがかけてある生地を触りまくり吟味。
「何回くらい洗うとこうなるんですか?」
「洗いは1回だけど、何百人もの人が触ってるから・・・」ってことでした。
盲点。揉みこまれているのですね。

IMG_8502.jpg
で、とりあえず目の詰まったキバタのリネンを1mだけ子供買い。これがよければまとめて買います。

下の方に重なってるのは・・・これが重さの原因。
ZAKZAKさんでズボン着分1.5m~2mが315円、420円。
母に頼まれていたのですが、色の好みがわからなかったのでとりあえず3つ買ってみた。
全部仕立てても1000円です。


IMG_8503.jpg

他にはAnd Leatherさんで、小春さん型100円、皮のはぎれ3枚200円。


IMG_8504.jpg

レース1パック100円とか、ファスナー1センチ1円とか。

そして最後にもう一度パキラさんに戻って

IMG_8507.jpg

自分へのお土産、リバティ1枚100円。20×13cmだったかな。

「余計なものは買わない」と心に決めていたので、徘徊5時間で済みました。
それでも20店舗くらいは入ってみたかも。

ネットの方が安いんじゃ?という感じもありますが、実際に手に取って見ないとわからない物に関しては量販店に行くより確実です。見たこともない(って言うか使い方もわからない)物もたくさんあって目の保養にもなりますし。

半年に一度くらいは行っとこうかなと思います。
次はキャスター付きのショッピングバッグを持って。


帰宅後は目と腰が激痛で、おまけに喉も痛くて(多分繊維カスにまみれすぎ、マスクも必要かも)。
なんと8時半に寝ました・・・朝まで・・・・・・

まだ背中が張りまくってますが、早速生地を水通しして制作にかかります。


ここんとこを指圧プリーズ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
スポンサーサイト

タグへのこだわり

今日はちょっとマニアックな方向で。

作品につけているタグは『プリントできる布・リネン』でちまちまと自作しています。

1シートから24枚しか取れないので結構あっちゅー間になくなってしまう。
そろそろ大ロットの外注でもいいかなーと思うんですが、フォントやデザインや価格(ここ重要)でなかなか折り合いがつかず。

特にフォントが。
ワタクシ、なぜかフォントマニアでございますの。
PCの中はフリーフォントでいっぱい。それを延々スクロールしては愛でているのです。

ロゴに使っているのは、自分の文字に近い感じのを海外のフリー物から探しました。


で、こんな感じにするんですが
tag0901b.jpg

何だかおかしいの、わかります?


もう、どこもかしこも直線が出ていないのです。


tag0901e.jpg

相手が布なもんで、こうやってちまちま角を落としてから縫い込む部分を成型してるんですけど、なかなかスッキリと直線が出ることはありません。

幸か不幸か私は目分量にかけては自信があるのです。

「おい、そこの64キロ!」

・・・そんなチームドラゴン的なやつじゃないですけど。
中心、平行、平均、垂直、直角・・・とかは目視で判断できるのですフフン。
威張るほどのことじゃないですか?


生活はズボラなので家はとっ散らかってますが、ソファーが曲がってるとか、鏡が傾いてる、とかはちょっと居ても立ってもいられません。
娘が部屋の真ん中に曲がって布団を敷くのと、夫がぐちゃぐちゃの掛け布団で寝るのが、私の寿命をチリチリと縮めています。あ、あと老朽化した我が家の中心部が沈んできているようで食器棚が微妙に傾いてるとかね。

脱線するにも程がありましたね。

tag0901a.jpg
↑この、角のところにチョロリとはみだすヤツも憎らしい。

tag0901d.jpg
サイの角か。

tag0901c.jpg
パンタロンか!!!


こんなのを延々微調整しているわけです。
アイロン定規も持っていますが、ちょっとタグの方が小さすぎて役に立ちません。
縫うのが遅いのももちろんですが、無駄な労力を使いすぎだと思います。

皆様お気付きの通り1目盛は1センチですから、実際にミシンステッチを入れて遠目に見ると結構わからなくなるもんなんですがね。

tag0901f.jpg


・・・いや、明らかに歪んでいます。
これはちょっとやり直し(エンドレス)


ランキングに参加しています。ここをポチッとお願いします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ロックミシン購入記 ~その3~

いきなりやってきた衣縫人BL57EXS。
昨夜は早速いじり倒して朝を迎えてやろうかと思ったのですが、どうやらおっちゃんのとこで真剣に講習を受けすぎたらしく・・・

目が死んでました。
ひどい疲れ目。
おまけに身体もガッチガチ。歳は取りたくないのう。

なので早々に寝ました。嘘です。
布団の中でマニュアル熟読。

珍しい。
電化製品はマニュアルなんか読まずに、全てのボタンを押してみるタイプの野蛮な私が。
適当にやって早速ぶっ壊しておっちゃんのとこに行くのも気が引けますので。
って言うか夫に悪すぎます。

そしたら案の定、夜中に地震がありましたね。
天地もひっくり返ります、私と取説のコラボ。


そして朝から緊張しながらマイマシンでの初縫い。
夜勤から帰って来た夫が見守る前で。手も震えます。


わー!縫えた!切れた!

当たり前です。昨日やった通りです。
そして忘れないうちに4本→3本に針を替えたり押えを替えたり、全ての縫い方を一通り試してみて

出来上がりました。私の初ロック作品です。



lock4.jpg

かつてパジャマだったTシャツ(199円)を断捨離の精神に基づいて処分、それを大掃除用の雑巾に生まれ変わらせました。
何の思い入れもなく自由に縫いました。

lock5.jpg

きれいですよ、縫い目。私が縫っても。
巻きロックでフリル仕様の雑巾もあります。


lock6.jpg


カバーステッチをあきらめたきっかけの裾まつり縫い。
最近のファッション界ではこっちが流行りだそうだ(おっちゃん談)
これでこなせると思ったの、きれいに縫えば上品ですよ。
おっちゃんが縫ったのはすっごいきれいだったけど、私の乱暴な縫い目は歪みまくってますけどね。
ちょっと難しいので修行します。


しばらくは新品の布で勝負はできないでしょう。
カテゴリが「リメイク」になるかもしれません。


10年来の願いを叶えてくれた夫、ありがとう
食洗機を買ってもらった時と同じくらい嬉しいです

頑張ってたくさん雑巾縫います



洋服を縫ったつもりが雑巾にならないことを願います。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ


ロックミシン購入記 ~その2~

新宿までは車で1時間。
夫に見てもらわないと決断できないワタクシなので、もちろんご同行願います。

おっちゃんの話だと機械の説明に1時間から2時間はかかるってことでしたが、機械好きの夫なら耐えられるはずです。そう願いたい。

お迎えに出てくれたおっちゃんは・・・
既に心の中でおっちゃんと呼んでいるフレンドリーシップを覆す、ダンディなおじ様
ああ、嫌な感じがしない。この第一印象は大事だよ。


ちょっと待たないと345DCがないってことで、とりあえず114Dを触らせてもらいました。
オーバーロックの使い勝手は同じだと言う事で。
糸かけ、心配だったけどそんなに苦じゃないよ。
エアスルーはあったら便利だなってくらい。
カバーステッチへの切り替えは死ぬほど面倒だと思うけど。

高校の家庭科で触って以来のロックミシン。
切れるね!かがれるね!!

みっちり色々な縫い方の講習を受けたのに、それでも決められずに悩み続け・・・
最終的に夫に選んでもらってお支払いまで

3時間かかりました

悩んでる間も、おっちゃんの有意義な話がたくさん聞けたしね。
無駄な時間ではなかったと思う。
なんか不思議なミシン業界の実態もわかったし、おっちゃんが、おっちゃんなのに

いい匂いがしました・・・

おっちゃん臭くない、お洗濯のかほり

ありがとうおっちゃん。これからも贔屓にさせてもらいます。
いつか職業用を買いに行くからね、その時もよろしくね。

在庫があったのでそのまま夫が担いでお持ち帰り。
嬉しいわ、今日からうちの子になるのね。




lock1.jpg



・・・えーと、さんざんJUKIJUKI言ってすみません。
I!H!O!J!IN!!「衣縫人」買っちゃいました。突然で申し訳ない。

これには自分でも驚いた。
完全にノーマークでしたので。なぜならそれは高いから。
エアスルーがあるだけで高いとか、別にいらんから!と思ってました。

そして何その「ちょっと~振り向いて~みただけの~」な寒々しいネーミング。
それだけでゲンナリしてたんですね、実は。


だけど実機があるなら動かしてみたくなるのは仕方なくない・・・?

やばい、エアスルー、感動モノなんですけど
でもこれはおまけの機能よ!こんなものに踊らされちゃダメ!
・・・踏んでみました。静かでした。スムーズでした。

おっちゃん推奨のこの機種、実は345DCとほぼ同額。
おっちゃんはゴリ押しはしません、最後は私の意志で決めるしかありません。
値段の114D、カバーステッチの345DC、そしてまるで新参のイホ・・・

3台の中で総合点を比較し悩み続けたわけです。

おっちゃんの「犬服を縫うならカーブが厳しいと思う」ってのも、一応知っていた情報を確認させられた感じでポイントを下げる345DC。
じゃあカバーステッチを捨てるか?で、お安い114Dで手を打つか。

しかし、最終的には夫のツルの一声でイホ決定となったわけです。
道具好きの夫はガチガチのJUKIにも惹かれてたようだけど、糸かけの時間なんかのコスパを考えたらイホだと。

私の個人的な感想になりますが、イホの方が縫い目がきれいだったのです。
JUKIの糸調子、なかなか合わなくて苦戦したからねー。

おっちゃんに「いい勘してますね」「機械は得意そうだから使いこなせるはず」と褒め殺された私ですが、勘も鈍けりゃ機械にも弱すぎます。
オートマ車のようなイホでなければ乗りこなせないはず。

イホの最安値はおいくらなのか調べてないから知らないけど、でも高くはなかったと思う。
おっちゃんは「345DCなら他に安い店がたくさんあります、でもイホはうちが安い!」って言葉を信じて敢えて実勢価格は調べないでおこうと思います。

夫も「他がいくら安くても、信用できるミシン屋を見つけたってことで得したと思う」と。
そう、おっちゃんとの3時間は有意義だったもの。だからいいの。

lock2.jpg



ドキドキするわ、自分がこんな上位機種を持てるようになるなんて。
そりゃもっと高いのは山ほどあるけど、今の私には114Dの3万だって高い買い物だしさ。

どう?光ってるよ、キラキラと。
・・・これがイヤなんだけどさー。剥がせないかな???
lock3.jpg


突然の出来事にポチッとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

ロックミシン購入記 ~その1~

10年来の相棒であるジャノメぼったくりミシンの入院治療費が1万7000円でした。
軽く臓器移植(釜交換)も行われ、なんとか元気になりました、が。

こつこつ貯めたロック貯金は激減。
この後長女のボロボロDSをここから買い直す約束なので、また遠のいた縁かがり&ニット縫いの夢。


そんな気の毒な私を気遣って、夫が
誕生日プレゼントに買ってくれましたの
(申し訳ないので、クリスマスと合わせてでいいですと申し出ましたよ)

長くなりそうなのでシリーズ化する浮かれっぷりです。


ロックが欲しいと熱望していたのはもう10年以上前、第1子を生んだ直後からなんですが、あまりに現実味がなくてですね。
普通の主婦は持ってるはずもないものだった、その頃は。
仕方ないので既製服が着られない肥満体の長女のために折り伏せ縫いを駆使して洋服作ってました。

でも昨今の手芸ブームで廉価版もいろいろ出揃ったことだし、手が届くモノにはなったよね。
絶対必要かって言うとそれは個人の価値観の問題でしょうが。

さらに迷っていたのはここでふ。
同じ値段で冷蔵庫だったらもちろん買うけど、ミシンはなくても生活に困りはしない。
使うのが家族全員だっつー家電ならまだしも、私一人の趣味にうぶ毛がそよそよ生えた程度のものに何万とか。
しかもぐうたら専業主婦の身分で。

それで細々とへそくり始めたわけですwww
そのへそくりも布ばっかり買ってなかなか増えないわけですが。


うちの夫は「道具は大事」な人なので、必要な物なら買うべき、と。
そして良い物を使いなさい派。
私が100均の道具を1発で壊してるのとかを見てジリジリしているタイプです。

とりあえず、ロックミシンとはこういう物です、大体狙ってる機種はこのあたり(もちろん安いやつ)です、と告げるとガンガン下調べを始めてくれました。


本腰を入れて機種選びを始めて1年以上、練って練って練りまくった結果、
私が選んだ機種はJUKI MO-345DC。賛否両論のカバーステッチ複合機。
最初は114Dで決めてました。理由は安いから。
でもちょっと欲が出てしまい、でも中途半端な欲なので複合機をチョイス。
2台買う勇気はなかった。ちっちぇえーー!!

その後は販売店選びで苦しみました。
実店舗があって、実際に通える場所で、そんなに高くない店。
評判の変人オヤジがいる店とかは最初から除外。


で、やっと勇気を出して電話したのが新宿ミシンプロさんでした。
345DCをここから買った方のブログで、店主の「おっちゃん」が信頼できると書いてあったからです。
とってもツボな面白いブログを書く方でね、その人の言う「おっちゃん」に会ってみたかった。

おっちゃん、私にも345DC売ってください!
あ、でも金庫番とも相談させてください。

そうしたら電話だけで20分も相談に乗ってくれました。
忙しそうだったんで、翌日(って言うか昨日)突撃取材をさせて頂きましたよ。


続いていいですか。たまにしかないことなんで。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。