リネンやコットンで作る、バッグや布小物・ワンコ服など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックミシン購入記 ~その1~

10年来の相棒であるジャノメぼったくりミシンの入院治療費が1万7000円でした。
軽く臓器移植(釜交換)も行われ、なんとか元気になりました、が。

こつこつ貯めたロック貯金は激減。
この後長女のボロボロDSをここから買い直す約束なので、また遠のいた縁かがり&ニット縫いの夢。


そんな気の毒な私を気遣って、夫が
誕生日プレゼントに買ってくれましたの
(申し訳ないので、クリスマスと合わせてでいいですと申し出ましたよ)

長くなりそうなのでシリーズ化する浮かれっぷりです。


ロックが欲しいと熱望していたのはもう10年以上前、第1子を生んだ直後からなんですが、あまりに現実味がなくてですね。
普通の主婦は持ってるはずもないものだった、その頃は。
仕方ないので既製服が着られない肥満体の長女のために折り伏せ縫いを駆使して洋服作ってました。

でも昨今の手芸ブームで廉価版もいろいろ出揃ったことだし、手が届くモノにはなったよね。
絶対必要かって言うとそれは個人の価値観の問題でしょうが。

さらに迷っていたのはここでふ。
同じ値段で冷蔵庫だったらもちろん買うけど、ミシンはなくても生活に困りはしない。
使うのが家族全員だっつー家電ならまだしも、私一人の趣味にうぶ毛がそよそよ生えた程度のものに何万とか。
しかもぐうたら専業主婦の身分で。

それで細々とへそくり始めたわけですwww
そのへそくりも布ばっかり買ってなかなか増えないわけですが。


うちの夫は「道具は大事」な人なので、必要な物なら買うべき、と。
そして良い物を使いなさい派。
私が100均の道具を1発で壊してるのとかを見てジリジリしているタイプです。

とりあえず、ロックミシンとはこういう物です、大体狙ってる機種はこのあたり(もちろん安いやつ)です、と告げるとガンガン下調べを始めてくれました。


本腰を入れて機種選びを始めて1年以上、練って練って練りまくった結果、
私が選んだ機種はJUKI MO-345DC。賛否両論のカバーステッチ複合機。
最初は114Dで決めてました。理由は安いから。
でもちょっと欲が出てしまい、でも中途半端な欲なので複合機をチョイス。
2台買う勇気はなかった。ちっちぇえーー!!

その後は販売店選びで苦しみました。
実店舗があって、実際に通える場所で、そんなに高くない店。
評判の変人オヤジがいる店とかは最初から除外。


で、やっと勇気を出して電話したのが新宿ミシンプロさんでした。
345DCをここから買った方のブログで、店主の「おっちゃん」が信頼できると書いてあったからです。
とってもツボな面白いブログを書く方でね、その人の言う「おっちゃん」に会ってみたかった。

おっちゃん、私にも345DC売ってください!
あ、でも金庫番とも相談させてください。

そうしたら電話だけで20分も相談に乗ってくれました。
忙しそうだったんで、翌日(って言うか昨日)突撃取材をさせて頂きましたよ。


続いていいですか。たまにしかないことなんで。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。